老人性難聴

高齢者の難聴と補聴器の活用法について

☆耳の構造
  音は空気を伝わって鼓膜に届きます。右は簡略化した模式図です。鼓膜は振動し、内側にある耳小骨に伝わり増幅され、内耳の蝸牛にある神経細胞を興奮させて聴神経を通って脳に送られ、音として認識されます。
  ここで、外耳(外耳道)や中耳(鼓膜や耳小骨)の障害による難聴を伝音難聴、その奥の内耳(蝸牛)や聴神経の障害による難聴を感音難聴と言います。伝音難聴は治すことのできる難聴ですが、、感音難聴はほとんどの場合治すことはできません。

☆高齢者と難聴
  高齢者の難聴にはどのようなものがあるのでしょうか。難聴を引き起こす病気には、耳垢栓塞、中耳炎や外耳道炎、滲出性中耳炎などの伝音難聴のものもあります。この場合は治すことが可能です。 高齢者の難聴 = 感音難聴である老人性難聴 という訳ではありません。聞こえが悪く感じたら、まず耳の専門医である耳鼻科医の診察を受けることをお勧めします。

☆老人性難聴
 では、老人性難聴とはどのような難聴なのでしょうか。それは加齢現象によって引き起こされる感音難聴です。つまり内耳の蝸牛の機能低下により音が聞こえにくくなり、また中枢神経の機能も落ちるので言葉の判断力も悪くなります
  仮に健康な人が「」と聞こえるとすると、伝音難聴の人は小さく「」と聞こえ、老人性難聴の人はややひずんで「」と聞こえる具合です。
  老人性難聴は治すことができないので、治療としては補聴器を用いて、低下した聴力を補うようにします。

☆補聴器の必要な人
  では、どのような方に補聴器が必要なのでしょうか。しばしば聞き違いをしたり、聞き返しが多く、そのために不便を感じている方は補聴器が必要となります。聞こえの検査では40dB以上の聴力低下がある人は補聴器が必要です。

☆補聴器
  補聴器のタイプには、ポケットに本体を入れる箱形、耳たぶにかける耳かけ型、耳の穴にいれてほとんど外からは分からない耳穴型などがあります。
  ではどのような補聴器を選べばいいのでしょうか。一言で耳が遠いと言っても、聴力の様子は人それぞれ異なります。まず耳鼻科医による診察を受け、聴力検査を行ってどの程度の難聴なのか調べましょう。そして自分に合う補聴器を選択してもらい、調整してもらうことが大事です。合っていないメガネを付けても役に立たないのと同じで、その人に合うように調整された補聴器でないと、ガーガーやかましかったりして、結局使えないということになりがちです。
  また補聴器には慣れも必要です。ご本人の補聴器を使おうという意欲と、ご家族の方のご理解、サポートも欠かせません。

☆高齢者への話し方
  補聴器を付けたからといって、健康な人と同じように良く聞こえる訳ではありません。補聴器を付けている方にも、ゆっくりはっきり、その人の顔を見ながら、できるだけ静かなところで話すようにしましょう。それは、言葉の処理能力を補うために、ゆっくりはっきりと話してあげるのは基本ですし、難聴者は知らず知らずのうちに話す人の口元を参考にして何と言っているのかを類推し、言葉の理解に役立てているからです。また周りに雑音があると、補聴器はそのノイズも拾ってしまいますので、聞き取りにくくなってしまいます。

☆最後に
  難聴は、単に耳の聞こえが悪くなるという病気ではなく、人として大事なコミュニケーションの障害です。補聴器の普及度をアメリカ合衆国と比べると、日本ではまだその半分に満たない状況です。豊かで楽しい生活をすごすためにも、補聴器をもっと積極的に活用しましょう。

付記)身体障害者福祉法
  高度の難聴の方には、法による補聴器の助成制度があります。詳しくはお近くの耳鼻科医にご相談下さい。


病気の解説へ